主な出演アーティスト

日野皓正

 日本を代表する世界的ジャズトランペッター。
1942年10月25日東京生まれ。9歳よりトランペットをはじめ、13歳の頃には米軍キャンプのダンスバンドで活動を始める。1967年の初リーダーアルバムをリリース以降、マスコミに”ヒノテル・ブーム”と騒がれるほどの注目を集め、国内外のツアーやフェ スティバルへの出演をはじめ、雑誌の表紙を飾るなどファッショナブルなミュージシャンとして多方面で活躍。1975年、NYへ渡り居をかまえ、数多くのミュージシャンと活動を共にする。その後もヒットアルバムを連発、CM出演など多数。1989年にはジャズの名門レーベル“ブルーノート”と日本人初の契約アーティストとなる。90年以降、「アジアを一つに」という自身の夢のもと、アジア各国での活動を増やしていく。2001年芸術選奨「文部科学大臣賞」受賞。2004年紫綬褒章、文化庁芸術祭「レコード部門 優秀賞」、毎日映画コンクール「音楽賞」受賞。また近年はチャリティー活動や後進の指導にも情熱を注ぎ、個展や画集の出版など絵画の分野でも活躍が著しい。唯一無二のオリジナリティと芸術性の高さを誇る日本を代表する国際的アーティストである。

谷口英治


 1968年北九州市生まれ。早稲田大学在学中よりプロとして演奏活動を行う。1999年米国の名門コンコード・ジャズ祭に出演、カウント・ベイシー楽団の前座をつとめる。その後、クラリネットのバディ・デフランコ,エディ・ダニエルズ、北村英治、テナーサックスのスコット・ハミルトンなど、国内外のトップアーティストたちとの共演を重ねる。現在はソリストとして、また自己のバンドを率いて全国各地での演奏活動を精力的に展開。新旧のスタイルをブレンドさせた絶妙なバランス感覚と柔軟性は様々な分野で高く評価されており、ジャズ以外にもJ-ポップアーティストへのソロ提供、編曲提供が多いのもクラリネット奏者としてユニークなところである。洗足学園音楽大学ジャズコース講師。北九州文化大使。

沙理


 ジャズサックス奏者、中村誠一の娘。5歳よりダイアナ石山Song&Danceミュージカル教室に通いダンスと共にミュージカルナンバーを学ぶ。2008年洗足学園音楽大学を首席で卒業後、渡米。ボストンのバークリー音楽大学に留学。2013年待望のデビューアルバム『The Sweetest Sounds』リリース。同年11月、ジャズヴォーカルコンペティション”Osaka Asian Dreams Jazz Competition 2013”で優勝を遂げる。2017年、セカンド・アルバム「AND I’LL SING ONCE MORE」がリリース。同年9月より、ラジオ日本・ラジオ関西・南日本放
送のラジオ番組「オトナのJazzTime」のパーソナリティーとして抜擢。毎週土曜日放送中。また、スケートミュージカル「ディズニーオンアイス」、TVアニメ「血界戦線&BEYOND」、TVCM 「Eテレ」「ななチキ」など数々のナレーションや歌唱でも活躍中。

伊澤陽一


 所沢市在住。東京音楽大学卒2000年 Steel Pan Player 原田芳宏氏に出会い、Steel Pan奏者として演奏活動をはじめる。2007年本場トリニダード・トバゴ共和国にて開催するスティールパンコンテスト「PANORAMA」に現地のオーケストラ Starlift Steel Orchestra のメンバーとして出場する。2008年自身が主宰する総勢50人以上のスティールパンオーケストラ「WAIWAI STEEL BAND」を結成し、全国にてライブ活動し様々な音楽フェスに出演している。さまざまな楽器とのユニット「ピアコパン」「ソンデカリベ」「大筒小筒」などで活動している。今までに5枚のCDアルバムをリリースしている。作曲では高知よさこい祭り「バイタルフス高知」の音楽制作を7年間にわたり担当した。地元である所沢にスティールパンを弾く場所「ワイワイパンヤード」を作り次世代に伝えている。スティールパン、音楽を通し、「喜び」「音の記憶」を探求し演奏活動している。
HP steelpanlife.com