主な出演アーティスト

山下洋輔


 1969年、山下洋輔トリオを結成、フリー・フォームのエネルギッシュな演奏でジャズ界に大きな衝撃を与える。国内外のジャズ・アーティストはもとより、和太鼓やシンフォニー・オーケストラとの共演など活動の幅を広げる。88年、山下洋輔ニューヨーク・トリオを結成。国内のみならず世界各国で演奏活動を展開する。2000年に発表した自作協奏曲を佐渡裕の指揮により04年にイタリア・トリノで再演。06年オーネット・コールマンと、07年にはセシル・テイラーと共演。08年「ピアノ協奏曲第3番<エクスプローラー>」を発表。09年、一柳慧作曲「ピアノ協奏曲第4番 “JAZZ”」を世界初演・2016年、ウィーン楽友協会ホールで佐渡裕指揮のトーンキュンストラー管弦楽団と共演。18年、ニューヨーク・トリオ結成30周年記念アルバムをリリースし、国内ツアーを行う。19年、山下洋輔トリオ結成50周年の記念コンサート「爆裂半世紀!」を開催。20年、最新ソロピアノ・アルバム『クワイエット ・メモリーズ』をリリース。1999年芸術選奨文部大臣賞、2003年紫綬褒章、12年旭日小綬章を受章。国立音楽大学招聘教授。演奏活動のかたわら、多数の著書を持つエッセイストとしても知られる。
公式ホームページ https://www.jamrice.co.jp/yosuke/

渡辺香津美


 名実ともに日本が世界に誇るトップ・ジャズ・ギタリスト。17歳で衝撃のアルバムデビュー。驚異の天才ギタリスト出現と騒がれて以来、ジャズフィールドに留まらない「ギターの可能性」を探求し続け今に至る。独自の<カズミサウンド>を創り出すことでも定評がある。‘79年、坂本龍一と結成した伝説のオールスターバンド<KYLYN(キリン)>を皮切りに、YMOのワールドツアーへの参加がKAZUMIの名を世界的なものにする。続く‘80年の記録的な大ヒットアルバム<トチカ>に代表されるジャズ・フュージョン界のアイコンとして名声を確立し、これまでに歴史に残る音楽家をはじめ、内外トップミュージシャンからのファーストコールとしてその共演数も群を抜く。2021年レコードデビュー50周年を迎え各地で周年公演を開催。洗足学園音楽大学ジャズコース客員教授。
www.kazumiwatanabe.net

イチョウ五重奏団


 ピアノ、フルート、クラリネット、バイオリン、チェロという室内楽のような編成でジャズやブラジル音楽を縦横無尽に奏でようとピアニストの新澤健一郎が2010年に結成。ジャコ・パストリアス、デューク・エリントン、エグベルト・ジスモンチやメンバーのオリジナル曲を演奏。編曲と即興の可能性を追求し、その生音の響き、気持ち良さで好評を得る。横濱ジャズプロムナードに連続出演し、ケーブルテレビ収録も果たした。大塚Greco、新宿ピットインなどに出演。2019年より現在のメンバーで活動中。メンバーは新澤健一郎(p) 太田朱美(fl) 谷口英治(cl,bcl) 帆足彩(vln) 橋本歩(cello)

濱田省吾


 1993年山口県生まれ。2012年に国立音楽大学ジャズ専修へ入学、ドラムを高橋徹、神保彰、アンサンブルを小曽根真に師事。2014年夏に井上陽介のセッションへ参加したことからプロとしての活動を始める。第33回浅草ジャズコンテストにてグランプリを受賞。2016年春に国立音楽大学を卒業。2019年井上陽介9枚目となるアルバム「NEW STORIES」に参加。2021年3月発売の池田篤ニューアルバム「Free Bird」、6月発売の中島朱葉ニューアルバム「Looking For Jupiter」、9月発売の井上陽介ニューアルバム「Next Step」に参加。現在は池田篤(as)、井上陽介(b)各グループへレギュラーメンバーとして活動。その他にもCharito(vo)、Stafford Hunter(tb)、伊藤君子(vo)、植松孝夫(ts)、大西順子(p)、片倉真由子(p)、澤田一範(as)、椎名豊(p)、鈴木央紹(ts)、TOKU(vo.tp)、中島朱葉(as)、山下洋輔(p)など数多くのライブに参加し精力的に活動している。

中島朱葉

 
1992年生まれ、和歌山県出身。12歳でアルトサックスを始め、13歳の時チャーリー・パーカーのCDを聴き強い衝撃を受けジャズに目覚め、14歳からライブ活動を開始。2009年、「リットーミュージック最強プレイヤーズコンテスト」アルトサックス部門で初代グランプリ受賞。2010年、自己のカルテットで出場した
「横浜ジャズプロムナードコンペティション」、「金沢ジャズストリートコンペティション」でグランプリ受賞。2012年、バークリー音楽大学へ学費全額免除生として入学。二年間在学し、帰国。東京を拠点に演奏活動を始める。2021年6月、初リーダーアルバム「Looking For Jupiter」をリリース。繊細な感性と卓越したリズム感、ジャズの伝統に根ざした歌心溢れるプレイは、ベテランから若手まで世代を超えた共演者から高く評価されている。現在のジャズシーンで最も注目を集める若手ジャズミュージシャンである。